現在の呉軍港と呉市の現状

「大和ミュージアム」 課題・見学記

   1、「大和ミュージアム」の課題
   2、「大和ミュージアム」見学記T
       見学記U.企画展

1、「大和ミュージアム」の課題 (新規順に掲載)

Z、戸高一成館長は、 「館長としての資格」を問われている

Y、戸高一成館長の改憲推進論には問題がある

X、大和ミュージアム開館 1周年を経て判ったこと

W、大和ミュージアム シンポジウム『戦後60年「戦艦大和」を語る』

V、講義「戦争と技術、戦艦大和の最後」 戸高一成 大和ミュージアム館長

U、講演「軍事と科学技術を語る」 岩井忠熊 立命館大学名誉教授



  T、総論「大和ミュージアム」をどう見るか  (開館にあたって)

 「戦争は、発明の父である。」とよく言われる。
 生命と財産、自由や命運をかけた戦争に勝つために、最大限の努力や能力を発揮するから、
当然に、武器を中心に発明工夫が行われ、それが民生に転用され、文明は進化し発展する。

 しかし、いくら文明を発展させても「人殺しの道具」を誇示する事は、「人の道」に反する「人間の恥」ではないでしょうか。
 本来、このような物は無い方が良いに決まっている。
やむを得ず造ったにしろ、人道に反した「恥ずかしい物」だという「人間的な反省」が必要ではないでしょうか。
 このような「人殺しの道具・兵器」を造ったことを「誇り」にする感覚は、自分では自慢かもしれないが、
他から見ると「人間的な理性」を失った「哀れな存在」と映るかもしれない。

 ましてや、設計思想において防御を軽視し、パイロットを無駄死にさせ、中国侵略の尖兵として非人道的な無差別爆撃を行った「ゼロ戦」や
「世界三大馬鹿」(ピラミッド、万里の長城+?)と陰で酷評される「時代遅れの戦艦大和」は、
ただ、膨大なお金と人命を無駄遣いした「時代錯誤」の見本ではないか。

 20世紀で最も大きく科学技術を発展させ、後世に巨大な工業技術の遺産を残したのは、「原爆」である。
「大和」の功績は改良という「量」的な発展だが、「原爆」は「質」的な発展を人類にもたらした。
「原爆」の歴史的な有効性は「大和」の比ではない。
 「大和」と同様に、改良により「量」的な発展をさせたB29爆撃機は、現代の大型旅客機の原型・遺産として大きな工業的・産業的、社会的な貢献をしているが、
呉や日本の市民を無差別に焼き殺し、ヒロシマに原爆を落とす役割を果たした。

 この人類史上最大の科学技術の発展をもたらした「原爆」やB29「エノラ・ゲイ」号を自慢げに展示することをしたら、
「ヒロシマ」の人を始め、日本や世界の人は何と思うであろうか。

 「戦艦大和」を偉大と見るか、「時代錯誤」の遺物と見るか、ご意見をお寄せください。

  呉戦災を記録する会   メール宛先 : kure-sensai@nifty.com


「大和ミュージアム」 課題・見学記に戻る

トップページ総目次に戻る